カテゴリー別アーカイブ: 写真

秋深しでも暖かい

2020/11/20

11月20日なのに気温は24度と夏日に近いよ。今年の紅葉は天候不順でいまいちです。でも押し花素材は作りました。

 

温暖化と適温

2020/10/18

温暖化が続きピンクのノーゼンカヅラが10月18日なのに今満開。その横では時期的に今のキンモクセイが満開です。にぎやかな共演がなんともいえません。      

キンモクセイはたくさん押し花の素材に仕上げました。

 

夏の素材も豊富

2020/6/19

六月も半ば、梅雨前線が活発で雨の量も多いこの頃ですが、派手な押し花素材も頑張っています。

 

梅雨前の素材満載

2020/5/31

コロナ対策が大変な時期ですが、自然の草花にはコロナの影響はありません。
我が家での素材づくりは心が和みます。
テッセンやオルガノ、バーベナなどたくさんの花が咲き誇っています。

 

 

今日はスミレ、タンポポを採取

2020/4/14

山小屋周辺で山野草でもタンポポとスミレを取り、すぐに山小屋で押し花にしていきました。

この時期は採取したい花が多いがマットが足りません。

桜は遅いが他が満開

2020/3/27

庭一面の花盛り、あと一週間で桜が主役になりますが、その下で赤白の万作、タンチョウラン、クリスマスローズ、       ボタン、こぶしの花、ハナズオウが美しさを競っています。

 

春本番

2020/3/4

我が家の庭に咲いている押し花素材です。今が一番忙しい季節です。

立春を過ぎた我が家の花々

2020/2/11

温暖化でノーゼン、クラリンドウ

2019/11/12

ピンクのノーゼンが青空に映える。

今年ほどクラリンドウが見事に咲いたことはない。

二回目の白萩と最後のトケイソウ

2019/10/13

見事なバラの花

2019/9/5

色も形も最高です。しかし押し花づくりには苦労します。これだけのものを作るには

マット管理が大変です。でも頑張ります。

遅い梅雨に可憐な花

2019/6/30

今年も遅い梅雨に庭の「ムカデラン」が可憐な花をつけた。

ベル・スモーク・アリストロ

2019/6/4

赤ベルテッセン

スモークツリー

アリストロメリアが梅雨の雨を待っています。

 

 

押し花素材がいっぱい

2019/5/4

わが家の2階でも押し花素材がいっぱい。

毎日押し花材料に事欠きません。バーベナ・忘れな草・ビオラなど満開です。

桜満開

2019/4/4

今年も桜が見事に咲きました。掃除は大変ですが、皆さんに喜んでいただき幸せです。

春本番近し

2019/1/5

毎日押し花材料に事欠きません。バーベナ・忘れな草・ビオラなど満開です。

クリスマスローズも今盛りです。いい押し花材料になると思います。

里山の紅葉

2018/11/13

写真は土佐郡土佐町上野上の「ぽっちり堂」前の谷の紅葉です。ぼっちり堂は現在休店していますが、ここは私の生家です。このモミジは兄が植樹したものです。今年は暖かかったのでどうかなと思っていましたが、見事な紅葉でした。ここに来ると心が和みます。里山の四季は素晴らしいですね。

撮影11月7日(撮影も兄貴)

 

台風直撃前に

2018/9/29

アンデスのオトメ

ユーフォルビア

ノーゼンカツラ

白ハギ・・・いずれも家の庭に咲いている花で、押し花の材料です。

台風直撃で花も傷つくかも。

セミの迫力

2018/7/29

我が家の夏のイベントに、桜の木やシマトネリコの木を会場にセミのオーケストラの演奏があります。両方の木では約200匹ていどの演奏者が一斉に単純楽器で演奏します。その音量は予想以上で、こちらの生活を脅かします。会話をもちろん、テレビの音量も1.5倍くらいにしないとこちらは楽しめません。今も変則台風の前だからと、一生懸命合奏をしています。わずかの期間一生懸命に生きるセミさんことを思うと、そちらの優先度は高いです。まだ気張れセミたち。

シマトネリコで合奏するセミたち。

 

ムカデラン

2018/6/26

ムカデラン
この時期になると嫌いなムカデが活動してくる。好きなムカデもいる。ムカデランだ。今年も見事にかわいい可憐な花をつけた。楽しみに作っておいた小盆栽も花をつけた。心が和む可愛いムカデに感謝。

一段と増殖してきました。強いねムカデラン

沢山の花を付けました。

可憐な花です。

小盆栽にも花がついています。

頑張る水草

2018/6/16

頑張る水草
隣の農業水路は、舟入川からの水を誘引し、大篠平野の米作に大いに役立っています。近年は周辺に集合住宅も増え、水路の環境も変化してきています。家の横は直線部で流れはスムースですが、下流の合流点では生活ごみが集結し、みじめなことになっています。でもそこには頑張っている水草がありました。アナカリス(オオカナダモ)でメダカが好む水草です。可憐な白い花を咲かせています。少し採取して洗浄しメダカを入れてみました。とてもいい感じです。水草頑張れ。

流れが停滞し、生活ごみ散乱。

可憐な白い花を咲かせています。

アップしてみました。可憐な花です。

少し採取し洗浄してメダカを入れてみました。いい感じです。

 

こんなところに

2018/5/12

今朝は少しMAMETAの散歩コースを変えてみた。田んぼの畦道を散歩していたらいっぱいの雑草の中に元気に立ち上がっている山野草を見つけた。「カラスビシャク」だ。それも長い畦道の一角だけに生えていた。それからの私の行動は、MAMETAの散歩をはさっさと切り上げ、カメラを手に自転車でこの写真を撮りました。今日は気分がいい。

長い畔のこの一角でした。

元気に立ち上がっています。

ちなみに我家のハンゲはこんな状態ですかね。少し葉形が違いますが。

 

 

連休の里山

2018/5/6

5月5日は里山での一日でした。畑仕事でサツマイモの畝づくりやジャガイモと大根の手入れを済まし、花を見に行く。野の花が満開です。5年に一度しか咲かないコンニャクの花や、シライトソウ、野スミレ、紅葉の花、名前知らずの黄色花、ナミガシラ、などなど押し花の素材としては十二分にあり、この日もたくさん持って行った押し花用マットがいっぱいになってしまった。

コンニャクの花5年に一度のチャンス

山小屋の上の紅葉

紅葉の花でこれも葉っぱと一緒で押し花に。

鋭い棘を持ちツルのように上から垂れてきて、花を上向きにつけている。

貴花で花はかわいい。

山小屋。ここで押し花づくりをしている。

 

青空に映える

2018/5/4

大型連休後半の4日は青空に恵まれました。里山に行く前に二階の山野草を見に行ってこれを撮影しました。可憐な花たちです。和みます。

ホタルブクロ白八重

大岩千鳥

ミヤマフウロ

押し花でアイフォンケース

2018/4/24

今日帰ってみると娘がアイフォンケースを押し花素材で作っていた。配置した押し花素材をuvレジン液で固め、いくつかの押し花ケースができていた。初めてにしては上等の仕上がりであった。(ちなみに私は作ったことがない 😥  )。「私たち夫婦がもっと頑張らいかん」と娘に宣戦布告された事は間違いがない。頑張るぞ 🙂

楽しく作れたとの報告でした。

今年も主役

2018/4/11

今年も優雅に咲きました。雨が少なかったのも幸いでした。

同時に12個も咲いていましたよ。

 

 

今どきの顔

2018/4/5

庭のムサシアブミが独特の容姿で威張っています。

 

これはテンナンショ―です。

 

これは何だったかな?

ざ・さくら

2018/3/25

今年も庭の桜がよく咲きました。通行される方々から「素晴らしいね」というお言葉をいただき桜の木も感謝。

全体の形

 

桜の木の下には赤花万作が咲いています。

満開

2018/3/22

雨上がりの3月22日は少し寒い朝となりましたが、確実に春は進んでいます。 庭のソメイヨシノは八分咲きで日曜日には家族花見会です。しかしプランターに植えているテッセンは少しスミレの圧力を受けています。スミレは繁殖が強く、その根は深くて簡単には取れません。そこそこ取り除いたつもりでも、ご覧のように白スミレを中心こういう状況です・・・でもこれもまた観賞価値はありますが。

八分咲きですかね。

白と紫のスミレです。

テッセンの中心に群がっています。

プランターいっぱいに広がりました。

開花しました

2018/3/16

3月15日全国で一番目に高知城のソメイヨシノが開花しました。今日のぞいてみると庭のソメイヨシノも開花していたのです。もしかしたらうちのが早かったかも。

今年は蕾も多くとても楽しみにしています。