カテゴリー別アーカイブ: 写真

長雨でも頑張ったシャクヤク

2022/5/19

今年も成長した「ムカデラン」が咲きました

2021/7/16

今年も一段と成長した「ムカデラン」が咲きました。

梅雨の大雨には花も痛みます

2021/5/21

桜も小花も満開素材づくり大忙し

2021/4/2

一雨ごとに春の音

2021/2/16

フクジュソウも梅の花も昨年よりは花付きが悪い。しかし押し花には十分な量ではある。

こんなところに

2018/5/12

今朝は少しMAMETAの散歩コースを変えてみた。田んぼの畦道を散歩していたらいっぱいの雑草の中に元気に立ち上がっている山野草を見つけた。「カラスビシャク」だ。それも長い畦道の一角だけに生えていた。それからの私の行動は、MAMETAの散歩をはさっさと切り上げ、カメラを手に自転車でこの写真を撮りました。今日は気分がいい。

長い畔のこの一角でした。

元気に立ち上がっています。

ちなみに我家のハンゲはこんな状態ですかね。少し葉形が違いますが。

 

 

連休の里山

2018/5/6

5月5日は里山での一日でした。畑仕事でサツマイモの畝づくりやジャガイモと大根の手入れを済まし、花を見に行く。野の花が満開です。5年に一度しか咲かないコンニャクの花や、シライトソウ、野スミレ、紅葉の花、名前知らずの黄色花、ナミガシラ、などなど押し花の素材としては十二分にあり、この日もたくさん持って行った押し花用マットがいっぱいになってしまった。

コンニャクの花5年に一度のチャンス

山小屋の上の紅葉

紅葉の花でこれも葉っぱと一緒で押し花に。

鋭い棘を持ちツルのように上から垂れてきて、花を上向きにつけている。

貴花で花はかわいい。

山小屋。ここで押し花づくりをしている。

 

青空に映える

2018/5/4

大型連休後半の4日は青空に恵まれました。里山に行く前に二階の山野草を見に行ってこれを撮影しました。可憐な花たちです。和みます。

ホタルブクロ白八重

大岩千鳥

ミヤマフウロ

押し花でアイフォンケース

2018/4/24

今日帰ってみると娘がアイフォンケースを押し花素材で作っていた。配置した押し花素材をuvレジン液で固め、いくつかの押し花ケースができていた。初めてにしては上等の仕上がりであった。(ちなみに私は作ったことがない 😥  )。「私たち夫婦がもっと頑張らいかん」と娘に宣戦布告された事は間違いがない。頑張るぞ 🙂

楽しく作れたとの報告でした。

今年も主役

2018/4/11

今年も優雅に咲きました。雨が少なかったのも幸いでした。

同時に12個も咲いていましたよ。

 

 

今どきの顔

2018/4/5

庭のムサシアブミが独特の容姿で威張っています。

 

これはテンナンショ―です。

 

これは何だったかな?

ざ・さくら

2018/3/25

今年も庭の桜がよく咲きました。通行される方々から「素晴らしいね」というお言葉をいただき桜の木も感謝。

全体の形

 

桜の木の下には赤花万作が咲いています。

満開

2018/3/22

雨上がりの3月22日は少し寒い朝となりましたが、確実に春は進んでいます。 庭のソメイヨシノは八分咲きで日曜日には家族花見会です。しかしプランターに植えているテッセンは少しスミレの圧力を受けています。スミレは繁殖が強く、その根は深くて簡単には取れません。そこそこ取り除いたつもりでも、ご覧のように白スミレを中心こういう状況です・・・でもこれもまた観賞価値はありますが。

八分咲きですかね。

白と紫のスミレです。

テッセンの中心に群がっています。

プランターいっぱいに広がりました。

開花しました

2018/3/16

3月15日全国で一番目に高知城のソメイヨシノが開花しました。今日のぞいてみると庭のソメイヨシノも開花していたのです。もしかしたらうちのが早かったかも。

今年は蕾も多くとても楽しみにしています。

いつもありがとう会

2018/2/28

小学校で「押し花体験」を行なったお礼として小学校に招待されました。全校生徒の前で感謝集会があり、一人一人に花束とメダルをいただきました。全員の子供さんから心こもった「お礼の歌」や「感謝の言葉」をいただきとても感激しました。そのあと体験学習をした学級の皆さんの「いつもありがとう会」に招かれました。そこでは子供たちが先ず「お礼の言葉」そして「お茶のサービス」そのあとは「オレンジケーキとスノーボール」をいただきました。おいしいお菓子を私たちだけで食べるのは申し訳ない気持ちでしたが、子供たちが「お味はどうでしたか」と聞いてくれ「とてもおいしい」と応え、お互いにハイタッチしました。おまけにお疲れを癒してくれるマッサージのサービスまであり、感動の連続でした。とても元気をいただき帰路につきました。「押し花体験」を通して触れ合ったことで、とても幸せな一日となりました。皆さんありがとうございました 😛

花束をいただきました。

メダルもかけてもらいました。

笑顔です。ありがとう。

春が来た

2018/2/20

「一雨ごとの暖かさ」と言うように、ここ二日は暖かい日になっています。紅梅も福寿草もほぼ満開になりました。これからは順次春の花が開花します。楽しみですね 😛

福寿草も満開です

枝垂れの紅梅も満開に近い状態になってきました。

春の訪れ

2018/2/7

今季一番の寒気に見舞われている南国市では2月7日は氷点下6度を記録しました。6時の愛犬豆太の散歩は寒を防ぐために不審者スタイルで連れて行っています。しかし太陽が出た庭に出てみると「春の訪れ」を感じさせる草花がありました。これからは押し花の素材も豊富となります  🙂

ドウダンツツジの下に植えている福寿草が咲き始めました。

いつ見てもザ・春を感じさせてくれます。

紅梅のつぼみも大きくなりました。

梅の白花も開花です。

ミツマタの白花も開花です。

豆太の犬歯も立派です😈

 

土づくりが大切

2018/1/29

春の野菜作りのために土佐町の堆肥センターで牛糞堆肥を買いに行きました。弟と二人で雪の残る山頂にあるセンターまで軽トラックで行きました。

畑仕事や押し花素材づくりの拠点、山小屋も積雪です。

山と積まれた堆肥をスコップで取ります。

90ℓのビニール袋に詰めます。

車ごと計量します。これで350kで限界です。

おがくずもありますよ。市価の半額以下で分けてもらえますよ。これで美味しい野菜ができるはずですが😛

もう少し頑張ろう!!

2018/1/26

厳寒の中、じっと我慢をして開花を待っている草花の新芽を庭で探してみました。氷点下の中で震えながらの撮影でしたが、自然の草花には力強いものを感じました。今年も開花が楽しみです。開花すれば一番いい時に写真に納まり、すぐに家内の手で押し花素材になるけどね 😛

福寿草がもう少しで咲きます。

ホウチャクソウです。今年は全体的に少ない芽立ちです。

大きな芽がついており今年は期待できそうです。

スイセンです。かわいい白い花が咲きます。

クリスマスローズです。路地でそのままですから遅い開花となっています。

牡丹です。今年もいろいろ咲いてくれると期待しています。

里山も雪化粧

2018/1/23

東京23区の積雪ほどではありませんが、嶺北地方も雪化粧です。里山の笹ケ峰ですが残念ながらガスが掛かっており山頂の積雪は確認できません。いずれにしても山野草は雪の下でお休みです。

里山の代表笹ヶ峰の麓は積雪です。

近くの棚田も雪でいっぱいです。

 

 

大寒時の紅葉

2018/1/20

厳しい寒さが続いています。この時期の山野草は期待度が低いんですが、家内が「いい写真が撮れたよ」と言ってカメラを持ってきました。家の小さな池の周りの紅葉でした。この写真と、この紅葉を押し花に仕上げましたので紹介します。

池の周りのシダ類の紅葉。赤い鯉も見えます。

ナンテンの葉がきれいに紅葉しています。

ナンテンの葉を押し花材料として仕上げました。

 

池の周りのイワヒバを押し花素材に仕上げました。

シモツケの葉もきれいに紅葉していて、押し花にしました。

炎の三兄弟(新芽を期待)

2018/1/17

1月16日天候を見計らい里山で野焼きをしました。兄が所有している広範囲の棚田で風もなく安心して野焼きができました。この里山はワラビやゼンマイはもとより、リンドウ、スズランスイセン、ノジギク、ラッキョウ花、テンナンショウなど山野草の宝庫でもあります。火を扱うので久しぶりに三兄弟が顔をそろえての野焼きでした。

 

焼く前の草刈りをした雑草です。

野焼きが始まりました。

広範囲に棚田に野火が回っています。

大体思ったように焼くことができました。火が回ってほしくないところもあり苦労します。

今季一番の寒気

2018/1/13

ここ南国市でも強い寒気団の影響で1月12日は氷点下3度、今日は氷点下4度でした。何もかも北国の寒さを体験するに十分な環境が整いました。紹介します。

体重73㎏の私でも十分スケートができますよ。

リュウキンカの葉も霜に包まれています。これが以外にきれいでした🙂

mametaの水も水道の蛇口も、ご覧のように氷柱(つらら)ができています。:mrgreen:

徳利蘭(トックリラン)

2018/1/12

ックリランがこんなに大きくなりました。20年ほど前に友人からもらった時は樹高は20㎝ていどでしたが、今では120㎝ほどになりました。

樹高120㎝ほどに成長しました。玄関先で寒にも耐えながら頑張っています。

徳利の直径は18㎝まで成長しました。

これは私の愛用の徳利です。これの直径が12㎝程度ですからすでに負けていますよ🙄

雪化粧の里山

2018/1/5

今季一番の積雪で里山も雪化粧です。メインの笹ヶ峰は現在降雪のため視界が悪く撮影できません。積雪の美しい山の様子は、積雪が安定した状態で紹介します 😛

山小屋近くの農道も雪化粧です。今日は農作業は中止ですかね。

自慢のサザンカも寒そうに雪をかぶっています。

花びらも雪の重みにしっかりと耐えて頑張っています。

MAMETA

2017/12/29

2歳になります。2018年はmametaの年です。食事前のジャンプは動画で紹介させてもらいます。1メートルぐらいの連続ジャンプですよ😛

孤島

2017/12/14

里山の畑で仕事をしていて休息時にふと見た草むらに「もみの木」のコバエがありました。何気なしに掘ってみると放置されてた軍手から芽を出したものでした。軍手ごと持ち帰りこのようにしてみました。

軍手が何とも面白く、それに生えていた豆シダも島の雰囲気が出ていたので孤島と名づけました。

 

 

 

赤と白の競演

2017/12/12

庭には二本の山茶花が咲いています。山茶花という名前は中国で「山茶(サンサ)」の名前が語源とされ、「サザンカ」「山茶花」と定着したそうです。

赤は今盛りですが、白はすでに終わりかけています。

紅八重の山茶花はまだきれいに咲いています。

白八重(ワビスケ)ですがピークを過ぎています。

残念な紅葉

2017/12/6

今年は紅葉の大切な時期に気温が高く、おまけに台風の影響で葉が傷んでしまいました。紅葉にとってはまことにうれしくない環境でした。我が家の紅葉も、このように無残な葉を残したまま真冬を迎えております。

かわいそうな葉をつけたまま大寒を迎えています。

親の紅葉が無残な姿でしたが、その下で採取したコバエはしっかりと紅葉していました。よかった😛

同時期に紅葉の下で採取したナンテンもまずまずの紅葉でした。少し救われたような気持になりました😀

 

大きな成果

2017/12/3

高知市の文化プラザカルポートで開催されています「高知県特別支援学校・学級児童生徒作品展」に行ってきました。7階の広い会場一面に児童生徒の皆さんの力作が展示されていました。

パンフレットです。「にこにこふれあいフェア」そこには子供たちの光る感性がいっぱいでした。

押し花の作品の前で写真を撮りました。

沢山の押し花の作品が展示されていました。子供たちの感性が光っている場面です。

腹ペコの青虫がよく表現されていました。

頑丈な万能椅子を2つかました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします😛